体外受精について
リプロダクションセンターホーム 透明帯開口法(AHA)

体外受精について

透明帯開口法(AHA)

透明帯開口法(アシステッドハッチング:AHA)

 よい受精卵を子宮に戻してもなかなか着床(妊娠)しない人のための治療技術です。

 体外受精を行い受精した初期分割期の胚を子宮内に戻しますと、採卵5~6日後には胚盤胞という状態まで進み、最終的に胚は卵の殻(透明帯)を破って出てきます。そして子宮内膜の状態が十分に着床の準備をしている時期(たったの2日間ほどしかありません)に透明帯から脱出した胚が子宮内膜に進入して来ると着床(妊娠)が成立すると考えられています。



 この卵の殻である透明帯が、硬くなったり厚くなったりしている人がいます。そして年齢の高い人ほどその傾向があります。また凍結保存した胚も透明帯が硬くなることが知られています。この場合、胚が透明帯を破るのに時間がかかり、子宮内膜に進入するタイミングが遅くなります。すると子宮内膜はすでに着床の準備を終えてしまっているため、せっかく子宮内膜に進入しても着床には至らないと考えられます。

 そこで考案されたのが透明帯開口法(AHA)です。これは顕微授精の技術を応用し、胚を移植する直前に透明帯を切開して数十ミクロンの穴を開けます。すると胚は透明帯を破りやすくなり、着床も早めに起こり妊娠率が向上します。透明帯を傷つけることに不安を感じるかもしれませんが、透明帯はただの卵の殻でいずれ溶けてなくなるもので赤ちゃんの一部にはなりませんのでご心配はいりません。

AHAの対象となるのは以下の場合です。
①良好胚を移植しても妊娠しなかった人
②年齢が40歳以上の人
③移植しようとする胚の透明帯が厚い人
④凍結融解胚移植

顕微授精の技術を応用し、透明帯に切開を加えます