不妊治療について
リプロダクションセンターホーム 総合病院での治療のメリット

不妊治療について

総合病院での治療のメリット

総合病院での治療のメリット

 当院で不妊症の治療を行うことにつきましては、総合病院ならではの多くのメリットがあると考えております。治療に精通した医師によってプログラムされ、熟練した胚培養士によって最高の環境のもとで行われる体外受精/顕微授精(高度生殖医療)は我々リプロダクションセンターの核となっておりますが、それだけでは妊娠への十分条件とはなりません。当院は患者さんをご妊娠に導くために必要なものをすべて提供できる体制をとっております。
 第一は不妊関連の手術を行う体制を整えていることです。ご多忙な患者さんが多いことを考慮し、短期間の入院で体への負担が少ない産婦人科内視鏡下手術として、腹腔鏡・卵管鏡・子宮鏡のすべてを高い精度で行うことが出来ます。実際不妊でご来院される患者さんを拝見いたしますと、何らかの器質的問題(卵巣のう腫や子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、卵管閉塞など)を抱えている方が少なくありません。第二は他科との連携です。検査にて内科的な問題(甲状腺や耐糖能異常など)が判明することも少なくありません。この場合でも直ちに院内で紹介し迅速な対応が可能です。第三は救急外来や緊急入院・手術に対応していることです。検査の後に腹痛や発熱が起こったり、注射後に蕁麻疹などが生じることは時にありますし、体外受精の排卵誘発に伴う合併症として有名な卵巣過剰刺激症候群や、妊娠判明後に万が一、切迫流産や子宮外妊娠を起こしてしまった場合などでも救急診察や緊急入院が可能です。更に第四としましては、大きな合併症やリスクがない患者さんであれば妊娠後もそのまま当院で分娩まで共に歩んでいくことが出来るため、我々スタッフは大きな達成感・充実感を、また患者さんは同じスタッフに囲まれて大きな安心感を得て頂けます。
 また不妊治療の選択にあたっての公平性も重要と考えております。治療の選択肢を幅広く揃えておりますので、例えば体外受精だけをお勧めしたり、逆に手術ばかりお勧めしたりといったことはいたしません。それぞれの治療による「妊娠率」と「通院の手間」と「費用」を天秤にかけて、患者さん個々に最も適した治療を相談していきたいと考えております。


不妊治療を行う際の
重要事項
新百合ヶ丘総合病院
リプロダクションセンターの特徴
◆受診の手軽さ ◎通いやすい立地です
◆専門医の存在 ◎生殖医療専門医/内視鏡学会技術認定医が複数在籍しています
◆胚培養技術(体外受精) ◎熟練した培養士・妥協を排した最新設備を備えています
◆手術への対応 ◎すべての内視鏡下手術に対応しています
◆他科との連携 ◎ほぼすべての診療科が存在しています
◆夜間・救急・入院対応 ◎万一の際にも安心です
◆妊婦健診・分娩対応 ◎妊娠された後も継続して受診いただけます
◆治療選択の公平性 ◎幅広い選択肢で偏りがない説明を行い、最適な治療を行います