内視鏡手術について
リプロダクションセンターホーム 内視鏡手術について 腹腔鏡下手術

内視鏡手術について

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術

 腹腔鏡下手術とは、全身麻酔下に3~12mmの非常に小さな傷をお腹に数箇所あけて、腹腔鏡というカメラを入れ、炭酸ガスを腹腔内に充満させ、モニターに映し出された画像を観察しながら専用の手術器具を用いて遠隔操作で行う手術方法です。


 
当院の腹腔鏡下手術風景


腹腔鏡下手術のイメージ


腹腔鏡下子宮筋腫核出術の例


腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術の例(子宮内膜症)

 お腹を大きく切る従来の開腹手術と比べて、傷が目立たない、痛みが少ない、入院日数が短いために社会復帰が早くなるのに加え、術後癒着が比較的少ないため不妊症の手術に向くという大きなメリットがあります。しかしお腹の中の状況によっては(癒着が非常に強固、出血が非常に多くなった、筋腫が極めて大きかったり数が非常に多い場合など)、数センチの小切開を加えて腹腔鏡と小開腹手術を同時に行ったり、手術の途中で開腹手術に移行することも稀にあります。
 当院では妥協を排した最新機器を導入し、子宮筋腫・子宮腺筋症・卵巣嚢腫・子宮内膜症・子宮外妊娠など、ほぼすべての婦人科疾患に対して腹腔鏡下手術を行っております。